原状復帰でトラブルを防ぐ【契約通りの原状復帰を行なう必要がある】

借りた時の原状のまま

女の人

原状復帰を業者に依頼すると料金が大幅に変わることがあります。大幅に違うことでどちらの業者に依頼するのか迷ってしまう人も多いでしょう。このような時は、インターネットを利用して原状復帰業者を比較するようにしましょう。インターネットを利用すれば、複数の原状復帰業者を比較することができるサイトがあります。このサイトでは、見積もり依頼ができるようになるのです。さらに、厳しい審査を通りぬけてきた信頼できる業者ばかりなので、金額相場を把握することができるでしょう。そのため、どこの業者に依頼すればよいか決心することができるのです。ですから、原状復帰の相場がわからない時は、比較サイトを利用することを覚えておきましょう。

原状復帰の時期を忘れて返却を行なってしまうとテナント管理者とトラブルの原因となってしまいます。テナントを借りる際の契約状では、返却する日までに原因復帰を行なうように記載されています。そのことを忘れた状態で返却してしまうと、原因復帰の期間が貸出しや次の人への貸出しができない状態となってしまいます。そのため、テナントを貸出しができない時の費用を出さなければいけないケースも発生してしまうのです。このようなトラブルをさけるためには、原状復帰を行なってくれる業者と事前に打ち合わせを行なうようにしましょう。原状復帰を行なっている業者では、忙しい時期になるとタイミングが合わない時もあります。そのため、原状業者と打ち合わせを行なう際には、6ヶ月前には話をしておくとよいでしょう。

原状回復工事の種類

男女

原状回復工事では「空室クリーニング」、「壁紙張替え」、「床材張替え」などの内装工事の他にも様々な工事があります。場合によっては、「塗装工事」、「大工工事」、「各種設備工事」なども行われていきます。

この記事を読む

かかる費用

外観

原状回復工事には、「内装解体工事」「スケルトン仕上げ」「廃棄物処理」など様々な工事内容が必要となってきます。工事内容や、工事費用などを比較して、自分にあったプラン・予算で原状回復工事を行っていきます。

この記事を読む

オフィスを返却する時

複数の作業員

借りたオフィスを返却する際は、原状復帰にして返却するのが一般的となっています。これらを行なわずに退出してしまうと管理者側から多額の請求をされる可能性が出てきます。

この記事を読む

Copyright© 2016 原状復帰でトラブルを防ぐ【契約通りの原状復帰を行なう必要がある】 All Rights Reserved.