原状復帰でトラブルを防ぐ【契約通りの原状復帰を行なう必要がある】

かかる費用

外観

費用

内装工事は、クリーニング工事や壁紙張替え、床材張替え、各種設備工事などを行っていきますが、「内装解体工事」の場合、原状回復をする際に不要となる諸造作を解体・撤去する作業を行っていきます。「スケルトン仕上げ」とは、新しいテナントが内装や設備機器を新設するために、建物構造体のみを残して全て解体し、入居時の状態に戻す作業の事を言います。入居時の状態に戻す箇所となるのが、床・壁・天井・配線・給排水管・給排気設備などとなります。

「廃棄物処理」は、解体工事や建物付帯物の撤去した際に出てくる廃棄物を正規の方法にて処理する作業となります。廃棄物処理を行う際は、専門の廃棄物処理業者にて処理をしていきます。これらの工事に必要となってくる費用は、それぞれ状況によって変わっていきます。まずは、複数の原状回復工事業者へ見積もり依頼を出して、比較、検討をしていく必要があります。

内装工事費用

内装工事の壁紙張替えやクリーニング、各種設備工事では、インターネットなどで料金表を確認することが出来ます。壁紙張替え⇒1平方メートルで約900円、クッションフロアー張替え⇒1平方メートルで約2,500円・タイルカーペット張替え⇒1平方メートルで約3,500円です。また、水回り、蛇口交換⇒一式で約3,300円、・水道蛇口パッキン交換⇒1箇所で約800円、トイレタンクパイプパッキン交換⇒1箇所で約800円、トイレゴムフロート交換⇒一式で1,800円、トイレ便座交換⇒一式で6,500円からとなっています。

Copyright© 2016 原状復帰でトラブルを防ぐ【契約通りの原状復帰を行なう必要がある】 All Rights Reserved.