原状復帰でトラブルを防ぐ【契約通りの原状復帰を行なう必要がある】

オフィスを返却する時

複数の作業員

借りたオフィスを長年使用していると、オフィス内の壁に擦り傷や汚れが目立つようになる時があります。さらに、オフィスの外は、看板跡や物を飾る際に開けるしまった穴もあるかもしれません。借りたオフィスを返却する際には、契約をする前に元の状態に戻さなければいけないことになっているケースがほとんどです。ですが、これらの原状復帰を自分達で行おうとすれば、壁が余計に傷ついてしまったり、汚れてしまったりする可能性が高くなります。ですから、このような時は、専門業者に依頼するようにしましょう。専門業者では、外壁の穴を綺麗に修復してくれますし、オフィス内の擦り傷や汚れに関しては、ペンキを塗る時や壁紙の張替えを行なってくれるのです。そのため、借りた時の原状復帰にすることができるでしょう。

貸しオフィスを出ることになったが、原状復帰にはどれくらいの費用がかかるか心配だと思っている人が多いでしょう。その平均相場を知っておくことで、依頼する費用を把握することができます。原状復帰を行なってくれる業者の相場費用は40坪に対して120万程度になります。この費用は電球取り換え、全体のクリーニングを行なうためにかかる金額となっています。ですが、原状復帰を行なわずに出ていってしまうと、管理者側から高い費用を取られてしまう可能性もあります。これは、管理者側が原状復帰業者に全てをお任せで依頼してしまうためです。ですから、原状復帰を行なう際には、自社から退出するまでの間に済ませておくようにしましょう。

Copyright© 2016 原状復帰でトラブルを防ぐ【契約通りの原状復帰を行なう必要がある】 All Rights Reserved.